眉毛メイクの遍歴

昔、高校生の頃はアムラー世代という事で(年齢がバレる)、眉毛を薄くして抜いたりカットをよくしておりました。
そしてそのまま社会人になり、そのまま薄い眉毛の状態で会社勤務していました。

でもさすがに忙しい朝、新たな眉毛を作る為に眉墨を沢山付けていました。はっきり言って眉墨の無駄ですし、お肌にもあんまりよくないんだなぁと思っていました。できれば自分の眉毛を自然に生かした感じでメイクしたいと思っていました。

ところが、全く眉毛が濃くならず、むしろ仕事のストレスなんかで抜けやすいのかなと思いました。会社を退職し、しばらくのんびりしていたら、いつの間にか私の眉毛が自然と濃くなったではありませんか?(笑)。

これは良い傾向だと思い、そのまま眉毛を生かして余分な部分だけをカットする様にして、足りない部分についてはアイブロウペンシルとかで書き足すぐらいにしました。

そしたらなんと、今風の自然な眉毛メイクの出来上がりです!やっぱり自分の眉毛が一番ですね。

汗をかいても眉毛が無くならないし、なによりメイクの時間が短縮されましたね。それにしても流行とはいえ、なんで薄い眉毛が流行ったんでしょうか?

眉毛ってあんまり抜き過ぎると生えてこなくなるし、今考えると恐ろしい事をしていたんだなぁと思います。

また薄眉毛が流行ったらその時は流行に乗るかどうか悩んでしまします。

だって二度と眉毛が生えてこなくなったら怖いですもんね(笑)。眉毛一つで顔の印象がかなり変わるのでとても奥深いパーツだと思います。

« »