肌が弱いと感じたら・・・とにかく保湿ケア中心に!

年齢を重ねるたびに肌は弱くなりますし、生まれつき肌が弱い場合もあると思います。こういった場合は敏感肌に部類に入ります。

敏感肌の特徴は保湿成分不足、バリア機能が通常よりも薄いなどが原因です。また乾燥しやすいといった体質も持っている場合が多いですね。肌が敏感だからあまり化粧品はやらない!といった方がいる場合は間違っているので早めに対処するようにしましょう。

肌が弱いと感じたらまずは乾燥させないことが大切。それにはたっぷり保湿成分は肌に浸透させることが重要です。

よく保湿は化粧水をたくさんつければOKといった感じのことをいう専門家や美容マニアがいますが、大きな間違いでもあります。

化粧水にも保湿成分は入っていますが実は浸透力をみるとあまり良い浸透率をしていないのです。それは成分自体が水溶性ではないため、化粧水のような水溶性タイプのものとは相性が悪いからです。

保湿をしっかり行うなら美容液や乳液を活用するのが一番。

乳液などを特に乾燥しやすい部分へピンポイントでつけて、美容液で全体を保湿するのが一番いいですね。。。では化粧水は一体なに?って感じですよね。

化粧水は水溶性美容成分を肌に補給するのに適したコスメです。

水溶性美容成分で有名かつ肌に良いのがビタミンC誘導体です。これはメラニンを抑えたり肌にハリを与えてくれる美容成分。水溶性や油溶性があるのですが、水溶性として使われることが多いタイプです。

これは化粧水との相性もよく浸透率を高めてくれるのでVCローションを活用すると良いですよ!ビタミンC誘導体は保湿成分の補助も行ってくれる優秀な美容成分なので補給していない人はもったいないですよ!

« »